【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の矯正

包茎に悩む男性ならば、少なくとも一度は「自宅でこっそり治せないか」などと考えた事があるはずです。そして、「矯正器具」を使うかどうか迷ったこともあるのではないでしょうか?もちろん、それを実行に移した人はその一部でしょう。しかも、矯正器具のおかげで完全に治ったという人は、そのまた一部にすぎないのではないかと思います。

残念ながら、矯正器具のおかげで包茎が治ったという例はそれほど多くはありません。というのも、包茎は個人差が大きく、過度な期待を持って矯正器具を使う人ほど、矯正器具では治らないレベルの包茎であることが多いからです。

記事の続きを読む »

2013年1月26日 | カテゴリー:包茎治療

包茎の弊害(性病)

包茎は、正常な場合と比較するとどうしても性病のリスクが高くなります。常に包皮に覆われた状態であるため、体温による適当な温度と残尿などによる適当な湿気、更に溜まった恥垢という雑菌にとっては好条件が揃っているからです。

性病は、ほとんどの場合、性行為の際に粘膜と粘膜が接触することにより感染します。包茎の人が発症しやすい性病には次のような物があります。

記事の続きを読む »

2013年1月20日 | カテゴリー:包茎の悩み

包茎の弊害(包皮炎、亀頭炎)

包茎の人であれば、ほとんどの人が包皮炎や亀頭炎といった炎症に悩まされた経験があることでしょう。これらは陰茎の粘膜や皮膚の表面に細菌が付着することによって感染する病気で、併発することが多いため、両方を合わせて「包皮亀頭炎」と呼ぶ事もあります。包皮炎や亀頭炎を発症するリスクは正常の陰茎よりも包茎の方が圧倒的に多く、その証拠に、患者は子どもの割合が多くなっています。それは子どもの頃は誰もが包茎の状態だからです。では、なぜ包茎の弊害として挙げられるほど、包茎の人が包皮炎や亀頭炎になり易いのでしょうか?

原因は包皮の内部に溜まる恥垢にあります。もちろん、恥垢そのものが炎症を起こさせているわけではありません。しかし、恥垢は細菌のエサになり易く、温床にもなり易いのです。その恥垢が通常よりも溜まりやすい包茎は、どうしても包皮炎や亀頭炎を起こしやすくなってしまう傾向にあります。

記事の続きを読む »

2013年1月19日 | カテゴリー:包茎の悩み

包茎の弊害(匂い)

包茎の弊害としては、第一に独特なにおいが挙げられます。包茎自体は服を着れば隠せるのに対し、においは服の上からでも他人にわかってしまいます。人によってはワキガに匹敵するほどの悪臭にもなってしまうので、包茎を抱える人たちの中でもにおいを苦痛と感じている人は多いのです。

人の体には皮脂腺や汗腺がたくさんあります。それは包皮や亀頭も例外ではありません。つまり、包皮や亀頭からも常に皮脂や汗が分泌されているのです。あの独特の臭いはそこからの分泌物が原因で発生しています。しかし、分泌物自体がにおいを発生させるのではありません。包茎の場合は、恥垢と呼ばれる白いカスや残尿が包皮の内側に溜まりやすいため、それが包皮の内側で細菌と反応し悪臭を放つのです。

記事の続きを読む »

2013年1月13日 | カテゴリー:包茎の悩み

カントン包茎の悩み

カントン包茎とは、包皮口が狭いため亀頭を露出させるのが困難であるにも関わらず、包皮を無理に剥いたり、何らかの拍子に剥けてしまったりしたことによって、包皮口が亀頭を締め付けてしまっている状態のことを言います。しかし、書籍やインターネット上の文章などでは真性包茎や仮性包茎と同列に書かれていることが多いため、ちょうど真性包茎と仮性包茎の間の状態だと勘違いしている人もいるようです。

カントンは「嵌頓」と書き、「ピッタリはまり込んで抜けなくなる」「元に戻らなくなる」等の意味を持っています。ですから、文字通り包皮口が亀頭のくびれ部分にはまって自力では元に戻せなくなってしまうことがほとんどです。もしその状態を放置すると、首を絞められ続けるのと同じ状態ですから、亀頭の血行が悪くなり、水ぶくれのように大きく腫れたり、最悪の場合は壊死したりすることもあります。つまり、とても危険な状態なのです。

記事の続きを読む »

2013年1月12日 | カテゴリー:包茎の悩み
3 / 41234

このページの先頭へ