【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

術後の痛みとダウンタイム

包茎治療においては、今や切らない治療が主流となりつつあります。切らないで済めば、痛みはほとんど感じることがありませんし、針の穴くらいの傷跡が数カ所できるだけなので、ダウンタイムも限りなくゼロに近くて済みます。本当に包茎治療を受けやすい時代になりました。

とは言え、今でも余った包皮を切り、適度な長さにして縫い合わせるという従来通りの手術も数多く行われています。なぜなら、包皮の厚さや余っている長さなどによっては切らない治療が適さないからです。しかし、切る治療の場合でも、以前と比べると針や糸が細くなり、医師の技術も進歩したため、術後の痛みはかなり軽減され、ダウンタイムも短くなりました。

記事の続きを読む »

2013年3月1日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ