【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

カントン包茎の悩み

カントン包茎とは、包皮口が狭いため亀頭を露出させるのが困難であるにも関わらず、包皮を無理に剥いたり、何らかの拍子に剥けてしまったりしたことによって、包皮口が亀頭を締め付けてしまっている状態のことを言います。しかし、書籍やインターネット上の文章などでは真性包茎や仮性包茎と同列に書かれていることが多いため、ちょうど真性包茎と仮性包茎の間の状態だと勘違いしている人もいるようです。

カントンは「嵌頓」と書き、「ピッタリはまり込んで抜けなくなる」「元に戻らなくなる」等の意味を持っています。ですから、文字通り包皮口が亀頭のくびれ部分にはまって自力では元に戻せなくなってしまうことがほとんどです。もしその状態を放置すると、首を絞められ続けるのと同じ状態ですから、亀頭の血行が悪くなり、水ぶくれのように大きく腫れたり、最悪の場合は壊死したりすることもあります。つまり、とても危険な状態なのです。

記事の続きを読む »

2013年1月12日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ