【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の弊害(包皮炎、亀頭炎)

包茎の人であれば、ほとんどの人が包皮炎や亀頭炎といった炎症に悩まされた経験があることでしょう。これらは陰茎の粘膜や皮膚の表面に細菌が付着することによって感染する病気で、併発することが多いため、両方を合わせて「包皮亀頭炎」と呼ぶ事もあります。包皮炎や亀頭炎を発症するリスクは正常の陰茎よりも包茎の方が圧倒的に多く、その証拠に、患者は子どもの割合が多くなっています。それは子どもの頃は誰もが包茎の状態だからです。では、なぜ包茎の弊害として挙げられるほど、包茎の人が包皮炎や亀頭炎になり易いのでしょうか?

原因は包皮の内部に溜まる恥垢にあります。もちろん、恥垢そのものが炎症を起こさせているわけではありません。しかし、恥垢は細菌のエサになり易く、温床にもなり易いのです。その恥垢が通常よりも溜まりやすい包茎は、どうしても包皮炎や亀頭炎を起こしやすくなってしまう傾向にあります。

記事の続きを読む »

2013年1月19日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ