【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

早漏の悩み

男性の悩みとして、深刻なものの1つに「早漏」があります。早漏とは、性行為のパートナーである女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。

ですから、性的に満足を与えられれば挿入後早めに射精してしまっても早漏ではないことになりますし、満足を与えられなければどれだけ長く保たせても早漏ということになってしまいます。しかし、実際は射精までの時間の短いものが早漏と認識されています。

記事の続きを読む »

2013年3月10日 | カテゴリー:性器の悩み

包茎の弊害(包皮炎、亀頭炎)

包茎の人であれば、ほとんどの人が包皮炎や亀頭炎といった炎症に悩まされた経験があることでしょう。これらは陰茎の粘膜や皮膚の表面に細菌が付着することによって感染する病気で、併発することが多いため、両方を合わせて「包皮亀頭炎」と呼ぶ事もあります。包皮炎や亀頭炎を発症するリスクは正常の陰茎よりも包茎の方が圧倒的に多く、その証拠に、患者は子どもの割合が多くなっています。それは子どもの頃は誰もが包茎の状態だからです。では、なぜ包茎の弊害として挙げられるほど、包茎の人が包皮炎や亀頭炎になり易いのでしょうか?

原因は包皮の内部に溜まる恥垢にあります。もちろん、恥垢そのものが炎症を起こさせているわけではありません。しかし、恥垢は細菌のエサになり易く、温床にもなり易いのです。その恥垢が通常よりも溜まりやすい包茎は、どうしても包皮炎や亀頭炎を起こしやすくなってしまう傾向にあります。

記事の続きを読む »

2013年1月19日 | カテゴリー:包茎の悩み

真性包茎の悩み

仮性包茎は治療しなくても機能的には問題が無いことが多く、程度が軽ければ、治すか治さないかは自己判断となります。しかし、「真性包茎」の場合はそうもいきません。なぜなら、「真性包茎」とは通常時、勃起時に関わらず全く亀頭を露出させられない状態を言うからです。

真性包茎は、普段の状態でも包皮を剥くことが困難なことが多いため、残尿や恥垢が溜まり易く、非常に不潔になり易いと言えます。また、勃起時にも亀頭が露出しないため、性行為にも支障が生じてしまいます。そのため、真性包茎であることが確実となった時点で治療を考えるのが一般的です。

記事の続きを読む »

2013年1月6日 | カテゴリー:包茎の悩み

包茎の悩みと種類

男性器の悩みと一口に言ってもさまざまなものがあります。わかりやすい物としては、サイズの悩みが挙げられます。具体的には、「短い」「細い」「小さい」などサイズの小ささを気にするというものです。このように、サイズについて悩む場合、そのほとんどが「小ささ」を気にするパターンなのですが、中には「長すぎる」「太すぎる」「大きすぎる」などを悩みに思っている人もいます。「大きいのに悩む必要はないのでは?」と思いがちですが、女性に苦痛を与えるほどの大きさではSEXにも支障が出てしまうので、悩みにもなり得るわけです。

また、包茎が悩みという人も多数派と言ってよいでしょう。成人男性であれば、普段は皮が剥けて亀頭が露出しているのが正常なのですが、包茎だと皮をかぶったままの状態になります。ですから、見た目にもわかりやすく悩む人が多いのです。好きな女性の前だけでなく、温泉などで同性の目に触れた場合にも気付かれやすいため、コンプレックスとして受け止められがちなのでしょう。

記事の続きを読む »

2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ