【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

カントン包茎の悩み

カントン包茎とは、包皮口が狭いため亀頭を露出させるのが困難であるにも関わらず、包皮を無理に剥いたり、何らかの拍子に剥けてしまったりしたことによって、包皮口が亀頭を締め付けてしまっている状態のことを言います。しかし、書籍やインターネット上の文章などでは真性包茎や仮性包茎と同列に書かれていることが多いため、ちょうど真性包茎と仮性包茎の間の状態だと勘違いしている人もいるようです。

カントンは「嵌頓」と書き、「ピッタリはまり込んで抜けなくなる」「元に戻らなくなる」等の意味を持っています。ですから、文字通り包皮口が亀頭のくびれ部分にはまって自力では元に戻せなくなってしまうことがほとんどです。もしその状態を放置すると、首を絞められ続けるのと同じ状態ですから、亀頭の血行が悪くなり、水ぶくれのように大きく腫れたり、最悪の場合は壊死したりすることもあります。つまり、とても危険な状態なのです。

記事の続きを読む »

2013年1月12日 | カテゴリー:包茎の悩み

真性包茎の悩み

仮性包茎は治療しなくても機能的には問題が無いことが多く、程度が軽ければ、治すか治さないかは自己判断となります。しかし、「真性包茎」の場合はそうもいきません。なぜなら、「真性包茎」とは通常時、勃起時に関わらず全く亀頭を露出させられない状態を言うからです。

真性包茎は、普段の状態でも包皮を剥くことが困難なことが多いため、残尿や恥垢が溜まり易く、非常に不潔になり易いと言えます。また、勃起時にも亀頭が露出しないため、性行為にも支障が生じてしまいます。そのため、真性包茎であることが確実となった時点で治療を考えるのが一般的です。

記事の続きを読む »

2013年1月6日 | カテゴリー:包茎の悩み

男性の包茎の悩みについて

男性には男性にしかわからない悩みがあります。例えば男性器のこと。男性にしか付いていないものですから、当然女性にはわかりません。つまり、男性がどのようなことを悩みに思っているかなどわかるわけがないのです。その点、男性同士なら悩みを分かち合える……と言いたいところですが、現実的にはほとんど悩みを分かち合えていないはずです。と言うのも、男性器は男性のシンボルである分、コンプレックスにもなり易い部分だからです。

男性はあまり自分の弱みを他人に見せたがらない傾向にあります。男性としてのプライドがそうさせると言ってもよいでしょう。しかし、プライドは時にマイナスにしか働かないことがあります。実際、プライドが邪魔をして他人に相談できないために、自分の男性器がどのような状況であるのか、正しく理解できていない人がかなり多くいます。誰かに自分の弱みを打ち明け、相談できればすぐに解決するレベルの問題でも、男性にはそれができない人が多いため、悩みが深刻化してしまいがちなのです。

記事の続きを読む »

2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

仮性包茎の悩み

日本人男性に多い悩みとして、包茎に関するものが挙げられます。包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」という種類がありますが、包茎で悩む人の多くは仮性包茎に分類される状態です。

日本人男性の場合、実に6割ほどが包茎であると言われており、そのほとんどが仮性包茎に当たります。仮性包茎とは、通常時は亀頭が包皮に覆われているものの、勃起時や包皮を手で剥いたときには亀頭を簡単に露出させられるもののことを言います。ですから、機能的に問題がないと言おうと思えば言えないわけではありません。しかし、一口に仮性包茎と言ってもその程度はさまざまです。勃起時に皮の余りがほとんどない、ほぼ正常と言えるレベルから、勃起時も亀頭の大部分を皮が覆ってしまっているにも関わらず、手で剥くことができるために真性包茎ではなく仮性包茎に分類されるというレベルのものまでピンキリなのです。これらすべてが「仮性包茎」と呼ばれるのですから、すべてを「悩む必要はなし」「問題ない」と片付けてしまうわけにはいかないでしょう。

記事の続きを読む »

2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

男性器のサイズの悩み

男性器の悩みとして、真っ先に思いつくのがサイズに関する悩みです。具体的に言うと、「短い」「小さい」「細い」という悩みです。やはり男性のシンボルですから、長く、大きく、太くということが自信にも自慢にもなるのでしょう。女性に対してはもちろん、同性である他の男性に対しても誇りたいと考える人が多いようです。しかし、いくら大きくても女性に苦痛を与えるほどの大きさでは性行為に支障が出てしまいます。つまり、大きすぎるのも悩みの対象となり得るわけです。しかし、日本人男性の場合そのような人はあまりいないので、ここでは小ささで悩むパターンのみお話したいと思います。

記事の続きを読む »

2013年1月5日 | カテゴリー:性器の悩み
2 / 3123

このページの先頭へ