【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

早漏の悩み

前の記事 »

カテゴリー:性器の悩み
タグ:

男性の悩みとして、深刻なものの1つに「早漏」があります。早漏とは、性行為のパートナーである女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。

ですから、性的に満足を与えられれば挿入後早めに射精してしまっても早漏ではないことになりますし、満足を与えられなければどれだけ長く保たせても早漏ということになってしまいます。しかし、実際は射精までの時間の短いものが早漏と認識されています。



この早漏ですが、実はいくつかに分類でき、それぞれ対処法が違っています。例えば、元々から早漏だったのか、あることをきっかけに早漏になってしまったのかという分類です。元々であれば何かの病気や先天的な気質が原因で早漏になっている可能性があるため、その治療が必要になりますし、後天的に早漏になったのであれば、そのきっかけになった原因を取り除けば治る可能性があります。

特定の状況下でのみ早漏になってしまうのであれば、その状況を避けるだけで問題は解決しますし、慣れることで克服できる場合もあります。また、原因がEDなのであれば、まずはそちらの治療が優先となるでしょう。

治療が必要な早漏の定義は「膣に挿入前または挿入後1分以内に射精してしまう」「膣内に挿入すると射精を遅らせることがほとんどまたは全くできない」などですが、挿入後1分を超えれば、早漏として悩まずに済むのかというといささか疑問です。

男性が自身の射精をコントロールできないことは、男性本人にとってはストレスやコンプレックスとなりますし、また相手の女性にとってもフラストレーションの原因となってしまいます。そうなると、どちらにとっても性行為自体が苦痛と感じられ、最終的には性行為を回避する結果にもなりかねません。ですから、もし早漏で悩んでいるのであれば、そうなってしまう前に専門の医師に相談してみて下さい。

射精をコントロールするトレーニングは闇雲に行ってもあまり成果は期待できません。きちんと原因をつきとめた上で、トレーニングをした方が効果は出やすくなります。早漏の原因には身体的なものと心因的なものがあり、放っておくと悪化させてしまう場合もあります。

解決するためにはまずその原因を正しくつかむことが大事なのです。急に早漏になってしまった場合、その原因が尿道炎や亀頭炎、包皮炎などの炎症や前立腺肥大症などであることも少なくありません。また、単なる思い込みのために早漏になっている場合など、包茎を手術したり、長茎や増大の治療を受けたりして自信が持てたというだけで治ってしまうこともあります。ですから、1人で悩まずは専門医のカウンセリングを受けてみましょう。



前の記事 »

包茎治療関連タグ



2013年3月10日 | カテゴリー:性器の悩み

このページの先頭へ