【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

修正治療

カテゴリー:包茎治療
タグ:

「包茎の手術は一生に一度きりのこと」となるのが普通です。しかし、実際にはカントン包茎の治療で受けた泌尿器科での緊急手術や、費用の安さを売りにしたクリニックの未熟な医師による施術などによって、無残な傷跡が残ってしまうことがあります。

中には、目立つ傷跡が残っただけでなく、勃起時に陰茎が曲がったり、雑な縫合により傷口が引きつったりして、性行為自体が困難になってしまったという事例もあります。せっかく高い費用を払って治療したのに、一生このようなトラブルを抱えたまま生活するのでは、何のために治療したのかわかりません。



もちろん、このようなトラブルは未然に防ぐのが大事です。例えば、「費用の安さだけで治療を受けるクリニックを決めない」「カウンセリングは複数のクリニックで受けるようにする」「疑問に思う事はきちんと質問して納得してから手術を受ける」といったことだけでもトラブルを防ぐのに役立ちます。しかし、それでもトラブルが起きてしまった際には、解決の方法として「修正治療」というものがありますから、いざという時のために、頭の片隅にでも記憶しておいて下さい。

修正治療とは、包茎手術を受けたにも関わらず「傷跡が目立つ」「包皮の余り具合がおかしい」など新たなコンプレックスを抱えてしまった人のための治療で、修正を求められるトラブルとしては、「目立つツートンカラー」「縫い跡の異常な盛り上がり」「包皮の余りの不具合」などがあります。

納得できない気持ちに加え、醜い傷跡が残ってしまったために治療前よりも苦しむことになってしまったのでは、せっかく包茎でなくなったのに何の意味もありません。ですから、そのような場合は悩みをそのままにせず、修正治療を行っているクリニックに相談してみましょう。

確かに、包茎手術自体の治療費が高額なため、月々のローン返済に苦労している場合など、なかなか修正治療には踏み切れないかもしれません。しかし、せっかく治療して包茎ではなくなったのに、これから先も長期にわたって別の苦痛を味わいながら過ごすというのではあまりにももったいないと思います。

全国には、きちんとした修正治療をすることができる医師が何人もいます。ですから、1人で悩まず相談してみましょう。複数のクリニックで修正は難しいと言われたにも関わらず、最終的には治してもらえる医師を見つけて悩みを解決した人もいます。傷跡がケロイドになり易いなど体質に問題がある場合もありますが、それでもあきらめないことが大切です。

包茎治療関連タグ



2013年3月3日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ