【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

術後の痛みとダウンタイム

カテゴリー:包茎治療
タグ:

包茎治療においては、今や切らない治療が主流となりつつあります。切らないで済めば、痛みはほとんど感じることがありませんし、針の穴くらいの傷跡が数カ所できるだけなので、ダウンタイムも限りなくゼロに近くて済みます。本当に包茎治療を受けやすい時代になりました。

とは言え、今でも余った包皮を切り、適度な長さにして縫い合わせるという従来通りの手術も数多く行われています。なぜなら、包皮の厚さや余っている長さなどによっては切らない治療が適さないからです。しかし、切る治療の場合でも、以前と比べると針や糸が細くなり、医師の技術も進歩したため、術後の痛みはかなり軽減され、ダウンタイムも短くなりました。



以前は、強い痛みが1週間くらい続いた上に、ガーゼ交換が頻繁に必要で、3週間ほど経ったところでやっと抜糸、普通に生活できるのは1ヶ月後からというのが普通でした。でも、今は溶ける糸を使うことが多く、その場合は抜糸の必要がありません。また、患部を濡らさなければかなり早い時期からシャワーは浴びることができるようになりました。長い期間包帯でグルグル巻きというのもほとんど無いはずです。

包皮の切り方についても、傷跡も目立ちにくいような方法がいくつか編み出されたので、完治した後も傷跡で悩むことは少なくなったように思われます。

術後といえば、手術を受けた直後、家に帰り着くまでのことで1つ覚えておいた方がよいことがあります。包皮を切る手術を受けた場合は、2時間前後で麻酔が切れて、かなり強い痛みを感じることになります。人によっては我慢できない痛みと感じることもありますから、痛み止めをもらったら、なるべく早めに飲んでおいた方がよいでしょう。

また、できれば2~3日は安静に過ごした方がよいので、仕事などを休めるのなら、あらかじめ休みを取って置いた方がよいと思います。たまに営業マンなどが強行スケジュールで仕事の合間に治療を受けに行くことがありますが、そのような事をするとかなり辛い思いをすることになります。仕事をしている社会人だけでなく、アルバイトや部活で忙しい学生も、術後のダウンタイムをきちんと計算に入れて治療の予約を入れるようにして下さい。そうでないと、手術を受けた後で思いもよらない事態になります。

大変な思いをした時点で「カウンセリングだけのつもりだった」「切らない治療のつもりだった」と言う人もいますが、それでは遅すぎます。もし切る治療を想定していなかったのなら、切る治療を提示された時点でその後のスケジュールを考え、手術は後日改めてということにして帰るべきです。術後はダウンタイムがあるものと考えておきましょう。

包茎治療関連タグ



2013年3月1日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ