【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

泌尿器科と包茎専門クリニック

カテゴリー:包茎治療
タグ:

包茎の治療を受けられる医療機関は全国にたくさんあります。ですから、いきなり多くの選択肢の中から1つだけを選ぼうとするとかなり大変です。しかし、これら医療機関は大きく分けると「泌尿器科」と男性器治療の「包茎専門クリニック」の2つに分けられます。

泌尿器科と専門クリニックでは、そもそもメインとする治療内容が違いますから、まずは泌尿器科で受けるか、専門のクリニックで受けるかというところから考えることにしましょう。



泌尿器科は主に腎臓、膀胱、尿管、尿道などの尿路に関わる病気や副腎など内分泌に関わる病気を治療するための科です。陰茎や睾丸、前立腺など尿路の周囲にある男性生殖器の病気も診療の対象になっていますが、生殖機能に問題がある場合に限られます。つまり、泌尿器科で治療の対象となるのは生殖機能に異常がある場合だけですから、基本的には機能的に問題のある真性包茎やカントン包茎のみになります。

これらの治療は健康保険の適用を受けられ、治療費はかなり安く済みますので、緊急で受ける場合やとにかく安く治療を受けたいという場合には泌尿器科を選ぶとよいでしょう。しかし、泌尿器科の場合は病気の治療がメインだということを忘れてはいけません。あくまでも生殖機能の異常を治すのが目的ですから、術後の感覚や見た目などは考えてもらえません。手術部位がツートンカラーになったり、感覚が低下したりする例は少なくありませんから、術後の状態を重視するのであれば泌尿器科で手術を受けるのはおすすめできません。

一方、男性器治療専門のクリニックでは男性器に関する治療全般が行われます。そのため、機能そのものに異常がある場合だけでなく、機能的に問題のない仮性包茎なども治療対象となっています。機能的に問題のない仮性包茎の場合、その治療に求めるのはおそらく「感覚を失わずに見た目をよくすること」でしょう。その点、多くの専門クリニックが「いかに感覚を保ち、傷口を目立たないようす治療するか」という研究を進めていますから、技術面に関しては専門クリニックの方がよいと言えるかもしれません。

また、泌尿器科では受付や看護師などが女性である場合が多く、待合室にも女性の患者がたくさんいます。しかし、専門のクリニックの場合は、男性器の治療を専門にしている性質上患者は男性だけですし、スタッフも男性だけで揃えている場合が多いようです。費用面では自由診療のため保険の適用は受けられず割高になってしまいますが、完全予約制で患者同士が顔を合わせないよう配慮されている点などから考えても専門のクリニックの方で治療した方がよいかと思われます。


包茎治療関連タグ



2013年2月3日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ