【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の矯正

カテゴリー:包茎治療
タグ:

包茎に悩む男性ならば、少なくとも一度は「自宅でこっそり治せないか」などと考えた事があるはずです。そして、「矯正器具」を使うかどうか迷ったこともあるのではないでしょうか?もちろん、それを実行に移した人はその一部でしょう。しかも、矯正器具のおかげで完全に治ったという人は、そのまた一部にすぎないのではないかと思います。

残念ながら、矯正器具のおかげで包茎が治ったという例はそれほど多くはありません。というのも、包茎は個人差が大きく、過度な期待を持って矯正器具を使う人ほど、矯正器具では治らないレベルの包茎であることが多いからです。



矯正器具とは包茎の治療を補助する器具全般をさします。種類としては、リングタイプの物、パンツタイプの物、接着剤タイプの物などがあり、インターネットを使えば比較的簡単に入手することができます。しかし、効果のほどは個人差が大きく、器具を使って治るのは極軽度な仮性包茎の場合のみだと考えた方が無難です。

逆に、器具を使ったことによって包皮炎や亀頭炎を引き起こし、癒着や硬化を悪化させるという事例が多く見られるため、私個人としてはあまりおすすめしません。しかし、包茎に苦しむ男性がわらをもすがる思いで矯正器具を試そうとする気持ちはわからなくもありません。ですから、ダメ元で試してみるか効果を疑って使わずに済ますかは個人の判断にお任せします。

矯正器具はあくまでも「包茎を矯正するための器具」であり、治療器具ではありません。包皮が剥けた状態をくせ付けすることを目的とした器具です。つまり、矯正器具を使ったことによって包茎が治るという性質の物ではないということは理解する必要があります。ですから、矯正器具によってしっかりとしたくせが付き、包茎ではなくなるなどということはあまり期待しない方がよいのです。

実際、くせは付かず炎症だけ起こし、癒着や硬化を悪化させたという話の方が治ったという話よりも多く、また、矯正器具を試してみてだめだったから手術に踏み切ったという話もよく聞かれます。なので、もし試してみるのであればそれほど大きな期待はせず、あせらないということが大事です。何よりも説明書に書かれている通りの使い方で試すようにしましょう。矯正器具がだめでも、男性器専門に治療してくれるクリニックがたくさんあります。そこにはそれぞれの症状に適した治療法がきちんと用意されています。ですから、矯正器具を試すなら「もし治ったら超ラッキー」というくらい軽い気分で試しましょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月26日 | カテゴリー:包茎治療

このページの先頭へ