【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の弊害(包皮炎、亀頭炎)

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

包茎の人であれば、ほとんどの人が包皮炎や亀頭炎といった炎症に悩まされた経験があることでしょう。これらは陰茎の粘膜や皮膚の表面に細菌が付着することによって感染する病気で、併発することが多いため、両方を合わせて「包皮亀頭炎」と呼ぶ事もあります。包皮炎や亀頭炎を発症するリスクは正常の陰茎よりも包茎の方が圧倒的に多く、その証拠に、患者は子どもの割合が多くなっています。それは子どもの頃は誰もが包茎の状態だからです。では、なぜ包茎の弊害として挙げられるほど、包茎の人が包皮炎や亀頭炎になり易いのでしょうか?

原因は包皮の内部に溜まる恥垢にあります。もちろん、恥垢そのものが炎症を起こさせているわけではありません。しかし、恥垢は細菌のエサになり易く、温床にもなり易いのです。その恥垢が通常よりも溜まりやすい包茎は、どうしても包皮炎や亀頭炎を起こしやすくなってしまう傾向にあります。



恥垢は残尿などで汚染されやすく、細菌が感染しやすいという特徴があります。また、包茎の場合は、体温と残尿などによって適度な温度と湿り気が保たれるという、細菌にとって好都合な条件が揃っています。その上、包皮で覆われた亀頭は外気に触れにくく清潔を保ちにくいのですから、細菌にとってこれ以上ない格好の繁殖場所となってしまうわけです。

包皮炎や亀頭炎の主な症状としては、発赤、腫れ、ただれ、疼痛などが挙げられます。軽ければ亀頭や包皮が赤くなるだけですが、放っておくと腫れたりただれたりします。また、軽いうちはかゆみを伴った痛みで済みますが、そのまま放置するとやがて強い痛みを感じるようになります。ひどくなってくると、潰瘍になったり膿が出たりして、排尿痛を伴う場合もあるため、性病と勘違いして慌てることにもなりかねません。しかし、高熱が出たり排尿自体が困難になったりするケースが少ないため、自然治癒を待って悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

また、軽く済む場合が多いものの、何度も繰り返すうちに、治癒の際、包皮と亀頭が癒着を起こす可能性が高くなります。癒着したりはがれたりが続くと、包皮が硬化したり亀裂ができたりするようになり、包皮を動かせなくなるほど重症な癒着になってしまう場合もあります。そのような事態を避けるためにも、早めに医師に相談するのが大事です。特に、何度も再発するようならきちんと泌尿器科を受診し、完治させるべきでしょう。軽いうちならすぐに治るものも重くなってからだと完治に時間がかかります。包皮炎や亀頭炎を甘く見ることなくきちんと対処しましょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月19日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ