【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の弊害(匂い)

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

包茎の弊害としては、第一に独特なにおいが挙げられます。包茎自体は服を着れば隠せるのに対し、においは服の上からでも他人にわかってしまいます。人によってはワキガに匹敵するほどの悪臭にもなってしまうので、包茎を抱える人たちの中でもにおいを苦痛と感じている人は多いのです。

人の体には皮脂腺や汗腺がたくさんあります。それは包皮や亀頭も例外ではありません。つまり、包皮や亀頭からも常に皮脂や汗が分泌されているのです。あの独特の臭いはそこからの分泌物が原因で発生しています。しかし、分泌物自体がにおいを発生させるのではありません。包茎の場合は、恥垢と呼ばれる白いカスや残尿が包皮の内側に溜まりやすいため、それが包皮の内側で細菌と反応し悪臭を放つのです。



恥垢は包茎でなくても洗わずに放っておけば溜まります。しかし、正常な陰茎と包茎には大きい違いがあります。それは普段の状態です。正常な陰茎の場合、通常は亀頭が露出した状態ですが、包茎の場合は通常時だけでなく、症状によっては勃起時でさえも包皮に覆われています。そのため、洗いにくく乾きにくいのはもちろん、適度な湿り気と温度が保たれ、細菌の温床となってしまいます。つまり、恥垢の量も細菌の数も格段に違うのです。その上適度な温度と湿度が更に反応を促進してしまうのですから、包茎が強いにおいを放つのも仕方がありません。

もちろん、毎日入浴の時にきちんと皮をめくって裏まできれいに洗い、乾いた状態を保つことができればそれほど問題にはならないと思います。しかし、起っていない陰茎の皮をめくって隅々まで洗い、しっかり乾かした状態を保つことは果たして簡単でしょうか?皮をめくるだけでもかなりの痛みを伴うでしょうし、手を離すと皮に覆われた状態にもどってしまうのですから、洗うのも乾かのも大変でしょう。しかも、常に皮で覆われているというのに乾いた状態を保つことなど可能でしょうか?おそらく無理でしょう。

結局、においに関しては、その原因を元から絶たないと解消は無理だと言わざるを得ません。においが起こるのを防ぐためには、恥垢や残尿が溜まりにくく、細菌も住み着きにくくしなければならないからです。洗いやすくするのはもちろん、乾いた状態を保ちやすくすることが必要不可欠ですから、包茎を治療してしまうのが一番の近道だということになります。

包茎の治療には包皮を切る方法と、切らない方法があります。どちらが適用されるかは皮の余り具合や包茎の状態によりますので、においが気になる人は一度カウンセリングを受け、具体的な治療法を提示してもらうとよいでしょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月13日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ