【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

カントン包茎の悩み

前の記事 »

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

カントン包茎とは、包皮口が狭いため亀頭を露出させるのが困難であるにも関わらず、包皮を無理に剥いたり、何らかの拍子に剥けてしまったりしたことによって、包皮口が亀頭を締め付けてしまっている状態のことを言います。しかし、書籍やインターネット上の文章などでは真性包茎や仮性包茎と同列に書かれていることが多いため、ちょうど真性包茎と仮性包茎の間の状態だと勘違いしている人もいるようです。

カントンは「嵌頓」と書き、「ピッタリはまり込んで抜けなくなる」「元に戻らなくなる」等の意味を持っています。ですから、文字通り包皮口が亀頭のくびれ部分にはまって自力では元に戻せなくなってしまうことがほとんどです。もしその状態を放置すると、首を絞められ続けるのと同じ状態ですから、亀頭の血行が悪くなり、水ぶくれのように大きく腫れたり、最悪の場合は壊死したりすることもあります。つまり、とても危険な状態なのです。



カントン包茎の場合、勃起時には締め付け感や痛みが強いため、機能的な問題が生じたり、ひどく腫れ上がって緊急に治療が必要になったりします。ですから、必要な治療をきちんと受けている場合がほとんどですが、中には自分の亀頭が立派すぎて締め付け感があると思ったり、亀頭が腫れているのを見て大きくなったと勘違いしたりしているケースもあります。そのようなケースは大変危険ですから、何らかの違和感を感じた時点できちんとカウンセリングは受けておくようにしましょう。壊死してしまってからでは治りません。早めに気付くことが大事です。

ところで、カントン包茎は、真性包茎の場合と同じく健康保険の適用を受けられるため、泌尿器科で治療を受ける人が多いようです。もちろん保険の件だけでなく、カントン包茎は、勃起時に亀頭が腫れたり変色したりして気がつくことが多いため、緊急に泌尿器科を受診するというのが一番の理由でしょう。しかし、泌尿器科でのカントン包茎手術は、機能回復が目的であるため、仕上がりに関しては不満を感じるという声が多く聞かれます。緊急性もあり、ザクッと切って縫う医師が多いためです。確かに、壊死だけでも避けたいという緊急事態であれば仕方が無いとも言えますが、後々のことを考えると、このような事態は避けたいものです。

そのためにも、早めに自分の男性器の状態はきちんと把握しておく必要があると言えます。緊急性さえなければ、男性器治療の専門クリニックを選んで治療を受けた方が、仕上がりの面での満足感は高いでしょう。もし、締め付け感や痛みを感じているなら早めにカウンセリングだけでも受けておくべきです。

前の記事 »

包茎治療関連タグ



2013年1月12日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ