【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

真性包茎の悩み

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

仮性包茎は治療しなくても機能的には問題が無いことが多く、程度が軽ければ、治すか治さないかは自己判断となります。しかし、「真性包茎」の場合はそうもいきません。なぜなら、「真性包茎」とは通常時、勃起時に関わらず全く亀頭を露出させられない状態を言うからです。

真性包茎は、普段の状態でも包皮を剥くことが困難なことが多いため、残尿や恥垢が溜まり易く、非常に不潔になり易いと言えます。また、勃起時にも亀頭が露出しないため、性行為にも支障が生じてしまいます。そのため、真性包茎であることが確実となった時点で治療を考えるのが一般的です。



原因としては、包皮が長すぎるというだけでなく、包皮口が狭すぎたり、包皮と亀頭が内部で癒着してしまっていたりということも考えられます。ですから、真性包茎の場合、放置することによって慢性的な包皮炎や亀頭炎を発症したり、包皮と亀頭の癒着、硬化などを繰り返したりする危険性が増します。もともと不衛生になり易い上に洗いにくい状態ですので、もしも痛みや違和感を感じたときは早めに医師に相談するようにしましょう。

包皮と亀頭の癒着や硬化は、細菌に感染した際の治癒過程以外にも、無理に包皮を剥いて傷を付けてしまった場合や、包皮を被せたままの自慰行為のせいで内部に傷を作ってしまった場合にも起こります。もし癒着や硬化が進んでしまうと、激しい痛みのためにますます包皮を剥いて洗うことが困難になり、更に症状を進めてしまいまうことになりかねません。ですから、早めの治療が必要なのです。

真性包茎は放置しておいて自然に治るということはありません。包皮口が広がらないため亀頭が成長せず、先細りや短小になるケースも多く見られます。また、勃起時や挿入時に激痛が走るため、成人しても性行為が苦痛となり、女性とのつきあいや結婚を避ける傾向にあります。しかし、真性包茎は治療できるのです。真性包茎の場合は保険も適用されますから、あきらめずにきちんと治療してください。治療は一般の泌尿器科でも男性器専門のクリニックでも受けられます。

費用を安くと考えるなら前者、治療後の仕上がりや使用感を重視するのであれば後者をおすすめします。ただし、泌尿器科も男性器治療の専門クリニックもたくさんありますが、技術力はどこも同じというわけではありません。技術力にはかなり大きな差がありますから、前もってきちんとカウンセリングを受け、どこで治療を受けるか、また、どのような治療をしてもらうかなど、よく考えて慎重に選ぶことが大切です。一生に一度の治療ですから、後悔の無いようにしましょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月6日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ