【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

仮性包茎の悩み

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

日本人男性に多い悩みとして、包茎に関するものが挙げられます。包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」という種類がありますが、包茎で悩む人の多くは仮性包茎に分類される状態です。

日本人男性の場合、実に6割ほどが包茎であると言われており、そのほとんどが仮性包茎に当たります。仮性包茎とは、通常時は亀頭が包皮に覆われているものの、勃起時や包皮を手で剥いたときには亀頭を簡単に露出させられるもののことを言います。ですから、機能的に問題がないと言おうと思えば言えないわけではありません。しかし、一口に仮性包茎と言ってもその程度はさまざまです。勃起時に皮の余りがほとんどない、ほぼ正常と言えるレベルから、勃起時も亀頭の大部分を皮が覆ってしまっているにも関わらず、手で剥くことができるために真性包茎ではなく仮性包茎に分類されるというレベルのものまでピンキリなのです。これらすべてが「仮性包茎」と呼ばれるのですから、すべてを「悩む必要はなし」「問題ない」と片付けてしまうわけにはいかないでしょう。



何が一番の問題かと言うと、これだけ大差のある仮性包茎の持ち主が、自分の状態をそれぞれそのレベル通りに把握できているわけではないという点です。包茎とは、成人男性の陰茎が亀頭の部分まで包皮で覆われた状態であることを言いますから、普段の状態で包皮がかぶった状態であれば包茎です。そのため、普段の状態で亀頭が包皮から露出していないということを基準に悩む男性が多いのです。ですから、勃起時にほとんど剥けた状態であっても深く気にしている人もいれば、ほとんど剥けていないのに機能的に問題なく使えるというだけであまり気にしていない人もいます。つまり、自分の男性器の状態を正しく把握できていないわけです。自分の包茎が気になっている人ほど、他人はもっとしっかり剥けていると思っています。

周りを見たら、意外と自分と同様の人がたくさんいるかもしれないのに、剥けていないのは自分だけと思うために周りに目を向けません。逆に周りの人の物を必要以上に見ている人は、普段は剥けていない人が意外と多いことを知ってしまっているため、妙に安心しきってしまうことがあります。男同士の場合、普通は勃起時の差が確認できませんから、自分の物が限りなく真性包茎に近い状態でも気にしていない場合があるのです。

仮性包茎の悩みを解消するためには、男性器治療専門のクリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。包茎の程度を正しく把握できれば、気にするべきか否かがよくわかります。また、治療が必要であれば適切な治療を受けることも可能です。まずは行動を起こしましょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ