【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

男性器のサイズの悩み

カテゴリー:性器の悩み
タグ:

男性器の悩みとして、真っ先に思いつくのがサイズに関する悩みです。具体的に言うと、「短い」「小さい」「細い」という悩みです。やはり男性のシンボルですから、長く、大きく、太くということが自信にも自慢にもなるのでしょう。女性に対してはもちろん、同性である他の男性に対しても誇りたいと考える人が多いようです。しかし、いくら大きくても女性に苦痛を与えるほどの大きさでは性行為に支障が出てしまいます。つまり、大きすぎるのも悩みの対象となり得るわけです。しかし、日本人男性の場合そのような人はあまりいないので、ここでは小ささで悩むパターンのみお話したいと思います。



最初に言っておきますが、実際、大きさを気にしている男性のすべてが本当に悩むべきサイズなのかと言うと、決してそうではありません。中には極標準的なサイズであるにも関わらず小さすぎる思い込み、コンプレックスに感じている人もいます。どうしてそのような事になるかと言うと、意外と他人の物と見比べる機会がないからです。気にしている人ほど、自分の物は見られていると思い込んでいる割に、他人の物はあまりはっきりと見ていません。コンプレックスのあまり、他人の物を確認したくないという気持ちが働くからでしょう。そのため、日本人男性の標準的サイズがどれほどなのかを理解していない事が多く、要らぬ悩みを抱えている場合も多いのです。ですから、サイズで悩んでいるのであれば、まずは一度男性器専門のクリニックなどでカウンセリングを受けてみるべきです。本当に気にするほどのサイズなのかがよくわかります。

仮にカウンセリングの結果、本当に「小さい」「短い」「細い」などということがわかったとしても落ち込む必要はありません。その場合は改善するチャンスを得たと思いましょう。長茎や増大の治療を受けることで見違えるほど立派になります。長茎術の場合、陰茎の根元を切開し、体の中に埋まっている部分を外に引き出すことで長さを出すのが一般的ですが、メスを入れることなく陰茎と恥骨を固定している靱帯を特殊な糸で引き出す方法や、下腹部の脂肪を吸引するだけという方法もあります。一方、増大の場合、これまではコラーゲンやヒアルロン酸を気になる部位に注入しサイズアップするのが一般的でしたが、この方法では効果が1~3年ほどしか保たないので、昨今はバイオアルカミドを使用し半永久的な効果を保たせる治療も行われています。

このように、悩みは行動を起こすことによって解消されます。しかし、クリニックによって技術力には大きな差があるので注意が必要です。悩みを解決するための治療ですから、納得のいく説明と、適正な料金を提示してくれるクリニックを選ぶようにしましょう。

包茎治療関連タグ



2013年1月5日 | カテゴリー:性器の悩み

このページの先頭へ