【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

包茎の悩みと種類

前の記事 »

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

男性器の悩みと一口に言ってもさまざまなものがあります。わかりやすい物としては、サイズの悩みが挙げられます。具体的には、「短い」「細い」「小さい」などサイズの小ささを気にするというものです。このように、サイズについて悩む場合、そのほとんどが「小ささ」を気にするパターンなのですが、中には「長すぎる」「太すぎる」「大きすぎる」などを悩みに思っている人もいます。「大きいのに悩む必要はないのでは?」と思いがちですが、女性に苦痛を与えるほどの大きさではSEXにも支障が出てしまうので、悩みにもなり得るわけです。

また、包茎が悩みという人も多数派と言ってよいでしょう。成人男性であれば、普段は皮が剥けて亀頭が露出しているのが正常なのですが、包茎だと皮をかぶったままの状態になります。ですから、見た目にもわかりやすく悩む人が多いのです。好きな女性の前だけでなく、温泉などで同性の目に触れた場合にも気付かれやすいため、コンプレックスとして受け止められがちなのでしょう。



更に、この包茎は別の悩みも生み出してしまいます。においやかゆみなどです。包茎の場合、常に亀頭が包皮で覆われているため、衛生面で問題が生じるからです。包皮や亀頭には皮脂腺や汗腺があって、そこから皮脂や汗が分泌されます。包茎の場合、亀頭が露出した状態であれば簡単に洗い流されてしまう皮脂や汗が恥垢と呼ばれる白いカスになって溜まりやすく、また、残尿も皮の内部に溜まりやすいため、それが雑菌と反応して強烈なにおいになってしまうのです。また、剥けている場合と比べると洗いにくく、雑菌の温床となりがちです。そのため、包皮炎や亀頭炎を起こしやすく、かゆみの原因ともなるのです。

他にも、悩みとして深刻になりがちなものに、早漏とEDがあります。これらは機能的な面よりも精神的な面が原因になっている場合が多いため、きちんと専門家のカウンセリングや治療を受けることが大事です。早漏に関しては、日頃のトレーニングや包茎の治療などで改善することも多いので、ただ悩み続けるよりも行動を起こしてみるべきでしょう。EDに関しては、専門家に話を聞いてもらい、その原因になっている心の傷を見つけたり、適切な治療を受けたりすることが大事です。

男性器治療の専門家は、数多くの症例を診ています。そのような人たちに相談することは、自分の状態を正しく知ることにつながり、それが悩みの早期解決にもつながります。他人に相談することを恥だと思う必要はありません。結果を見て治療するかどうかを決めるのはあなた次第です。とりあえず、カウンセリングを受けることから解決へ一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

前の記事 »

包茎治療関連タグ



2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ