【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

男性の包茎の悩みについて

前の記事 »

カテゴリー:包茎の悩み
タグ:

男性には男性にしかわからない悩みがあります。例えば男性器のこと。男性にしか付いていないものですから、当然女性にはわかりません。つまり、男性がどのようなことを悩みに思っているかなどわかるわけがないのです。その点、男性同士なら悩みを分かち合える……と言いたいところですが、現実的にはほとんど悩みを分かち合えていないはずです。と言うのも、男性器は男性のシンボルである分、コンプレックスにもなり易い部分だからです。

男性はあまり自分の弱みを他人に見せたがらない傾向にあります。男性としてのプライドがそうさせると言ってもよいでしょう。しかし、プライドは時にマイナスにしか働かないことがあります。実際、プライドが邪魔をして他人に相談できないために、自分の男性器がどのような状況であるのか、正しく理解できていない人がかなり多くいます。誰かに自分の弱みを打ち明け、相談できればすぐに解決するレベルの問題でも、男性にはそれができない人が多いため、悩みが深刻化してしまいがちなのです。



状況を正しく理解できていない例としては、普通レベルの仮性包茎なのに、必要以上に重く受け止め、深く悩んでしまうというケースが挙げられますが、心配なのは全くその逆のパターンの場合です。本当は異常な状態なのに正常だと勘違いして、それほど深刻ではないと軽く考え過ぎてしまっている場合です。

実は、男性器の場合、後者の方に危険なパターンが多く含まれています。例えば、カントン状態を剥けていると勘違いし、腫れて赤紫色に変色した亀頭をこれまでよりも大きくなったと思い込んでしまったため、治療が遅れて大事になったということがありました。また、性病に感染していたことに気がつかず、拡散させてしまった例もあります。こうなってしまうと、自分の物の状態に無関心なことも、男性器に関する知識に乏しいことも、ただ単に自分1人だけの問題では済まなくなります。

そこで、私は「包茎の悩みと治療Q&A」について書くことにしました。それほど深刻に悩まなくてもよいレベルの悩みであれば、ここで状態を把握することによって悩みが軽くなるかもしれません。それに、治療法がわかることによって解決につながる可能性もあります。逆に、この先を読んでいくことによって、すぐにでも治療が必要な深刻な状況に気付く場合があるかもしれません。しかし、そのような時は不安がらず、これを治療のきっかけにしていただきたいと思います。

前の記事 »

包茎治療関連タグ



2013年1月5日 | カテゴリー:包茎の悩み

このページの先頭へ