【カリスマ】本田医師による安心・確実な包茎治療を受けるチャンス!【予約殺到】

クリニック選びのポイント

全国には数多くの専門クリニックが存在します。しかし、そのすべてが同じレベルというわけではありません。派手に広告している割に技術力がないという低レベルなクリニックが存在するのも事実です。ですから、カウンセリングや治療を受けるクリニックの選択には細心の注意が必要になります。

相応の時間をかけて何度も通い続けるうちにかかりつけとなっていく内科や耳鼻科などの場合とは違い、男性器治療の専門クリニックの場合、医師と患者の関係は一期一会と言ってもよいでしょう。

記事の続きを読む »

2013年3月24日 | カテゴリー:包茎治療

EDの悩み

中高年の男性にはEDの悩みを抱えている人が少なくありません。EDとは勃起不全のことで、40代では5人に1人、50代では2.5人に1人がEDで悩んでいると言われています。

EDを定義づけると「十分な勃起が得られなかったり維持できなかったりするために満足な性行為ができない状態」となりますから、全く勃起しない場合だけでなく、挿入に十分な硬さが得られない場合や勃起した状態を維持し続けられない場合なども含まれます。

記事の続きを読む »

2013年3月17日 | カテゴリー:性器の悩み

早漏の悩み

男性の悩みとして、深刻なものの1つに「早漏」があります。早漏とは、性行為のパートナーである女性が性的に満足しないうちに男性が射精してしまうことです。

ですから、性的に満足を与えられれば挿入後早めに射精してしまっても早漏ではないことになりますし、満足を与えられなければどれだけ長く保たせても早漏ということになってしまいます。しかし、実際は射精までの時間の短いものが早漏と認識されています。

記事の続きを読む »

2013年3月10日 | カテゴリー:性器の悩み

修正治療

「包茎の手術は一生に一度きりのこと」となるのが普通です。しかし、実際にはカントン包茎の治療で受けた泌尿器科での緊急手術や、費用の安さを売りにしたクリニックの未熟な医師による施術などによって、無残な傷跡が残ってしまうことがあります。

中には、目立つ傷跡が残っただけでなく、勃起時に陰茎が曲がったり、雑な縫合により傷口が引きつったりして、性行為自体が困難になってしまったという事例もあります。せっかく高い費用を払って治療したのに、一生このようなトラブルを抱えたまま生活するのでは、何のために治療したのかわかりません。

記事の続きを読む »

2013年3月3日 | カテゴリー:包茎治療

術後の痛みとダウンタイム

包茎治療においては、今や切らない治療が主流となりつつあります。切らないで済めば、痛みはほとんど感じることがありませんし、針の穴くらいの傷跡が数カ所できるだけなので、ダウンタイムも限りなくゼロに近くて済みます。本当に包茎治療を受けやすい時代になりました。

とは言え、今でも余った包皮を切り、適度な長さにして縫い合わせるという従来通りの手術も数多く行われています。なぜなら、包皮の厚さや余っている長さなどによっては切らない治療が適さないからです。しかし、切る治療の場合でも、以前と比べると針や糸が細くなり、医師の技術も進歩したため、術後の痛みはかなり軽減され、ダウンタイムも短くなりました。

記事の続きを読む »

2013年3月1日 | カテゴリー:包茎治療
1 / 41234

このページの先頭へ